チェロレッスン日記 ~ 13回目:なかなか前に進まない ~

久々の更新です。

色々忙しくてブログを更新できず・・・。

他にもチェロアンサンブルやリサイタルを聴きに行ったり、大人からチェロを始めた人たちとのオフも有ったのですが、賞味期限切れになってしまいましたね。

オフに関しては、主催者の櫻田こずえさんが様子をアップしているのでリンクします。

大人になってからチェロを始めました~「第一回大人チェロオフ会レポート@紀尾井町2017年5月7日」

5月にもう一度レッスンが有ったのですが、スズキの”11.Allegretto”と”12 Andantino”でスタッカートに苦しみ、しばらく時間を空けてからまたやりましょうということになりました。

(というか、先生の要求が高すぎて、すぐに対応できなかったのが実情)

さて、6/17のレッスンです。

多忙ゆえ、楽器をひく暇がほとんどなく、弾いたら下手になってるのが目に見えてわかったので自宅での練習は基礎練のみ。レッスンで見てもらうネタがない状況でした。

ただ、それまでに割りと先まで練習していたので、それを見てもらうことに。

13.Rigadoon リゴードン

冒頭と後半が4分音符中心で、中間で8分音符の動きが出てくるのですが、そこがこれまでD-durのCisの音ばかり弾いていたのが、G-durでCの音が出てきます。

今まで3の指ばかり弾いてたのが2の指が初めて出てきたのとテンポが早いので、焦ってしまう。

先生からは

・慌てないように

・移弦の時に他の音が混ざるので、準備してから弾くように

と言われました。

14. Etude 習作

この曲は結構好きで、気晴らしついでに弾いていた曲です。

が、レッスンのために練習していなかったのでできはあまり・・・。

この曲では、移弦の直前に動くのではなく、前の弦を引いている最中に肘を準備し始めるよう言われました。

結局2曲とも、「レッスンのために準備してからまたやりましょう」ということで、○はもらえずに。

・・・といっても次のレッスンも忙しくて準備がなかなかできない予感。