チェロレッスン日記 ~ 4回目:第一ポジションとキラキラ星変奏曲 ~

と言う訳で、今日(1/20)は4回目のレッスンでした(やっとリアルタイムに追いつきました)。

ウェルナー

p.18最後の2小節-19

スラーの移弦。いまいち解っていなかった「肘先行」について詳しく教えていただく。

例えばG線→D線→G線の移弦の場合:

・G線→D線

G線を弾く→肘を上げる「弓はそのままG線を弾く」→上がった肘につられてD線へ移弦

・D線→G線

D線を弾く→肘を下げる「弓はそのままD線を弾く」→下がった肘につられてG線へ移弦

「そのままG(D)線を弾く」→肘につられて移弦のところがなかなか難しい。自主練しないと。

・重音の部分

下の音を先に音を出す。上の音は薄く出すように。強く出しすぎると音がぶつかって響きが汚くなる。

・8分音符のスタッカート

音を出した後、斜めに弓を上げる感じで(これが飛ばす????)

・4分音符のスタッカート

音は抜くが飛ばすまではしない。弦に当たっている弓の毛が減る感じ

p.20-21 第一ポジション

・指の位置を覚えるくらい弾き込むこと

・3の指を丸く当てる

・2分音符のスラーで弓を返すところ

→ターンで音の流れが止まっている。音の流れを止めないでターンすること

鈴木の教本

1.キラキラ星変奏曲

A:8分音符転ばないように

B:8分音符。弓のアップ、ダウンはあるけれど、音の長さは同じにする。

これからは、ウェルナーだけでなく、鈴木もやるということで。

コメント

  1. yoosun より:

    初めまして
    先生によって 進め方こんなにも違うんですね。 私はやっと一年経ってキラキラ星入り先日パスしたところです
    櫻田さんの大人のチェロ会 入会しました
    明日のオフ会は間に合わなかったけど
    次回に

    • べんべん より:

      yoosunさん。
      ご来訪ありがとうございます。
      レッスンの進め方は先生によって異なるとおもいます。
      でも、傾向として大人になってから始める人に対しては飽きないように簡単な曲を早めに弾かせるようです。

      • よぉ より:

        そうなんですねぇ
        ウェルナーだけ半年以上やってて
        うなだれてました
        でも 音を出せないのに 遊びで
        曲弾いても弾けないなって
        思ったのも事実でした
        自分のすぐ前を歩いていらっしゃるので
        お勉強させていただいてます(`_´)ゞ

  2. よぉ より:

    私自身 今の先生の進め方
    決して 飽きることはなく
    ボウイング
    第1ポジションをきちんと抑える
    大きな音を安定して弾く
    これがないとダメなんだなって
    だから 安定してからの方が
    曲に行った時に入りやすいのかと

    大きな音

    オケには必要なことと聞きました
    弾けない頃から
    大きな音を出す癖がないと
    迫力ある音にするのに大変と

    だから右腕疲れて
    音が小さくなると
    先生に チクリっと言われます