チェロレッスン日記 ~ 6回目:いろいろ弾いてみる ~

昨日(2017/2/12)レッスンでした。

まずはウェルナーp.22

このパターン。G線は押さえたままD線を弾く練習。

自宅練ではいまいちコツがつかめていなかったのですが、先生にアドバイスを貰い、なんとかできるように。

曰く、「左手の指は寝かすのはだめ、立てて指先で押さえるように」

「そうすれば力もいらないし、音程も安定する」

確かに音程が安定したのは実感できた。

これ、SUZUKIの練習した曲を直さないといけないので要自主練だな・・・。

次にp.22。先生とのデュエット。

自分はC-durのスケールを弾くだけなんだけど、先生と一緒だといい感じ。

ああ、やっぱり合わせるのは楽しいなぁ(^_^)

続いてSUZUKI。

まずは積み残しのキラキラ星の変奏C。

これは問題なくOK。

それ以降はOKもらうというよりは、先生がお手本弾いて、自分が弾くといった試奏会みたいな感じになってしまった。

先生からの注意点:

・ボウイング、弓がふわふわしているので、しっかり弦に重みをかけて弾くように

・開放弦は音が目立つ(言い回し忘れた)ので、そっと丁寧に弾くように

4.こぎつね

H-G-D-H-A(G、Dが小指をD線、A線に移動)

→G線、A線2本同時に押さえて、指をスライドさせるとうまくいく

宿題:

2.フランス民謡から8.アレグロまで練習しておくように。