チェロレッスン日記 ~ 7回目:久しぶりのレッスン ~

週末はレッスンでした。

2月4週目にレッスンの予定が入っていたのですが、先生がインフルエンザでダウンし、中止に。38.5℃の熱が出たらしい・・・ガクガクブルブル。

随分久しぶりでした。

まずはウェルナー。

p.24,25のデュエット。

A船上のHからD線上のGに降りるところとかいかさまだったけど、OKもらいました。

うーむ、まだ自分のことで手一杯で相手を聴くところまで出来てないなぁ。

p26の前半部分。

C-durの上昇、下降を3拍子でやるんだけど、最初出来なくてボウイング書きまくり。

何度もやっていたので問題なくOK。

鈴木第1巻

French Folk Song フランス民謡

最後のところ、

「1小節伸ばす音でクレッシェンドして、次に入るようにしたい」といったら

「じゃあやってみて」

で、2回位やっていると、

「伸ばしている内に左手の位置がさがってくるから直すように」

とのこと。

気をつけてやったところ、OK。

Lightly Row ちょうちょう

D線上で3指Fisを弾いて押さえながらA線の開放弦を弾くというのがあって、練習中指が触ったりして雑音が入ったり苦労していたのですが、今回も。

でもそれには触れずにOK。

こんなんでいいんでしょうか(^_^;)

Song of the Wind こぎつね

特に問題なくOK

Go Tell Aund Rhody むすんでひらいて

弾いている時に音価が適当になっていたようで、「4分音符は8分音符2つ分かぞえて」との注意。

O, Come, Little Children クリスマスの歌

盛り上がっている部分で、8分音符を4分音符と同じくらい弓を使っていたので、「弓の配分を考えて、4分音符と8分音符の弓の量は違う」とのお言葉

May Song かすみか雲か

・フレーズの終わりの音をちゃんと伸ばすように

・弓先でしっかり音が出るように

・移弦する時に雑音が入ったりしていたのを、「移弦の時まず移弦して、それから音を出すように」とのこと

今回は大量の6曲OKでした(^_^)

コメント

  1. よぉ より:

    すごい 大量ok
    こぎつねの ずらして A線弾くのが
    音程が取れず悩んでいる