チェロレッスン日記 ~ 9回目:楽器を診てもらう ~

4/14のレッスンです。

この日は借りてる楽器を持参。

前回のレッスン時に「家の楽器の調子どうですか?」と先生に訊かれたため、丁度いいから楽器を先生に見てもらって、その足で調整に出せばいいかと考えたのでした。

自覚症状は以下の通り。

  • 指板が高い
  • A線がキーンと金属音みたいな音が鳴る
  • G線でh,cあたりを弾いた時に音がこもってる

先生に見てもらったところ、やっぱり調整に出したほうがいいとのことで、レッスン後副店長と打ち合わせ。

とりあえずは

  • 駒交換
  • (必要があれば)魂柱交換
  • 弦交換

ということになりました。

そもそも、この楽器の駒って副店長が業務時間外に自作(!)したってことだし。まぁ交換した方がいいだろうということで。

曲はと言えば

Allegro アレグロ

とりあえずスムーズに終わったような・・・。