チェロとの出会い

これまでの音楽遍歴を書いておきます。

クラシックに興味を持ち出したのは小学校3年生のとき。

近所に住んでいる友達のうちによく遊びに行っていたのですが、友達の兄がアマチュアオーケストラでコントラバスを弾いていて、LPとかを聴かせてもらっていました。

ある時、そのオケが学校で音楽教室を開きました。

曲はうろ覚えだけど、アンダーソンのタイプライターとかやったかな?

で、最後(多分)に演ったのが「宇宙戦艦ヤマト」のテーマ。

おお、かっけー!とオーケストラに魅了されました。

それから、そのオケのコンサートに出入りするようになり、色々な曲や演奏を聴きました。

珍世界とか奇跡のブラ2とか。

最初に買ったクラシックのレコードは、ノイマン/チェコフィルの「新世界より」でした。

で、コンサートに通っているうちに、チェロの音色に魅せられ、いつかやりたい!と思うようになったのです。